<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

東京地検 初のオープン会見 「ハードル高い」「意義ある」(産経新聞)

 雑誌やフリーの記者らにも門戸を広げる東京地検の定例会見が10日、初めて開かれた。司法記者クラブ非加盟の記者15人を含む約60人が出席。参加したジャーナリストらからは会見の録音・録画を求める意見が出される一方、「開かれた意義は大きい」と好意的な声も聞かれた。

                   ◇

 地検によると、フリーの記者らが会見に出席するには事前の登録が必要。事前登録に応募したのは、雑誌やインターネットメディアなど15社35人と、フリーの記者13人の計48人。このうちフリー5人は地検が求めた「直近3カ月の署名記事提出」などの要件を満たせず登録できなかった。

 この日の会見は、東京・霞が関の法務・検察合同庁舎地下1階の検察広報室で行われ、事前登録が認められた記者43人のうち15人が出席。冒頭、大鶴基成次席検事が「多様なメディアの参加で捜査・公判に関しさまざまな視点から報道していただけると考える。(守秘義務や事件関係者のプライバシーに触れない程度に)可能な範囲で話していきたい」とオープン化の意義を述べた。次いで、稲川龍也特別公判部長が裁判員裁判の概要や今後の課題を説明した。

 質疑応答のトップバッターはジャーナリストの江川紹子さん。登録基準について「フリーにとってハードルが高い」と指摘。片岡弘総務部長は「他省庁の例も参考にしたが、意見は聴き対応を考えていきたい」と答えた。また、録音や撮影を認めていない理由を尋ねられると、「庁舎を訪れる事件関係者には顔を見られたくない人もおり、プライバシーにかかる質問への配慮も必要」と述べた。

 会見時間は予定を15分超える約35分間。江川さんは会見後、「会見時間が短いなど改善の必要はあるが、開かれた意義は大きい。会見で検察がきちんと説明することが国民の信頼を高めることにつながると思う」と語った。

菅首相誕生へ 小沢流決別「国を立て直す」(産経新聞)
米大使が沖縄訪問=知事との会談調整(時事通信)
欧州信用不安の動向注視=日米財務相が電話会談で一致(時事通信)
石井一・民主議員宅で現金1000万円盗難 「昨年末まで金庫に…」(産経新聞)
芸能人の戸籍謄本を探偵会社に、弁護士懲戒(読売新聞)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-06-11 18:45

元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)

 元妻の娘の女子高校生(16)との婚姻届を偽造したなどとして、兵庫県警明石署に有印私文書偽造容疑で逮捕された元税理士の男(57)について、神戸地検明石支部は27日までに、不起訴処分とした。精神疾患での入院歴があり、刑事責任を問えないと判断したとみられる。処分は24日付。 

【関連ニュース】
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届
元妻の娘との婚姻届提出=57歳男、離婚翌日勝手に
飲食店でカード不正使用=容疑でナイジェリア人経営者ら逮捕
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
女子トイレ侵入の教諭再逮捕=高校生にみだらな行為し撮影

仮想マルチ一斉捜索 投資話で100億円集める 埼玉県警(産経新聞)
宝田明さん追突事故=信号待ち車に、けがなし―東京(時事通信)
笑いはストレス軽減 吉本興業や江崎グリコなどが実証(産経新聞)
5人乗りボートが防波堤に衝突、1人重傷(読売新聞)
身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-06-01 20:23