<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

恒例の根津神社つつじ祭り開催中(産経新聞)

 文京区根津の根津神社で、恒例のつつじまつりが開催されており、咲き誇るツツジが訪れた人の目を楽しませている。

 社殿などの漆塗り改修工事が平成21年8月に終わり、境内は本来の姿を取り戻している。

 境内には50種類3000株のツツジが植えられており、開花時期が違うために長い期間、さまざまなツツジを楽しむことができる。

 区によると、現在見ごろを迎えているのは、ゴヨウツツジなど早咲きのもの。全体的な見ごろは今月下旬になるという。

現行案修正は駄目=辺野古なら連立離脱示唆−社民党首(時事通信)
上田ファンなら暗証は誕生日…現金引き出し逮捕(読売新聞)
また教会に消火器投げ込み 神戸で2件連続(産経新聞)
元投資顧問の大島被告に実刑=神奈川歯科大の詐欺事件−横浜地裁(時事通信)
コンビニ強盗で無職男再逮捕=奈良で起訴、「兵庫、和歌山でも」−京都府警(時事通信)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-30 21:08

「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多−政府答弁書(時事通信)

 政府は23日午前の閣議で、正規職員の部下が一人も存在しない係長や主任などの職制の国家公務員が、全府省庁合わせて2万6634人いるとする答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に対し答えた。自衛官を除く全公務員の約8.8%に相当し、定員削減などで組織がゆがんでいる実態が浮き彫りになった。
 省庁別では、地方の出先機関を多く抱える国土交通省が最多で8347人に上る。また農水省(6924人)、厚労省(3057人)、国家公安委員会(1773人)、経産省(1597人)、防衛省(1030人)が1000人以上となった。 

【関連ニュース】
天下り指定席、調査対象拡大=新規採用大幅削減案も
2割削減の道筋、6月にも=国家公務員の総人件費で
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員
労政審委員、官僚OB排除へ=長妻厚労相

損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で−東京海上(時事通信)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
「悪い宝くじ」「電車で知った」=火山噴火で欧州便、相次ぎ欠航−成田空港(時事通信)
<裁判員制度>東京高裁「合憲」 初の憲法判断(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に(毎日新聞)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-24 01:03

立山黒部アルペンルート全面開通(産経新聞)

 富山県立山町と長野県大町市をトンネルやロープウエーで結ぶ「立山黒部アルペンルート」が17日、全面開通した。

 前日からの寒気の影響で雪が断続的に降る中、標高2390メートル付近の「雪の大谷」では約15メートルを超える雪の壁の間を散策するトレッキング客の姿も多く見られた。

 室堂ターミナル周辺では、開通を待ちわびた大勢のスキーヤーやスノーボーダーでにぎわった。

【関連記事】
今年もお目見え「雪の壁」 立山黒部アルペンルート、いよいよシーズン幕開け
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備
元バス運転手を書類送検 4月のアルペンルート横転
立山黒部アルペンルートで感謝月間 お得な切符発売
アルペンルート「七曲がり」でバス横転 乗客ら軽傷

シャープ、一時金4.5カ月回答へ=定昇維持
損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で−東京海上(時事通信)
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕−大阪府警(時事通信)
NASA 「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
<貸倉庫殺人>容疑者の一部、殺害認める 3遺体の身元確認(毎日新聞)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-21 10:07

郵便不正公判 村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)

 郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第17回公判が14日、大阪地裁で開かれ、初公判以来約3カ月ぶりに村木被告が証言した。村木被告は「検事から『執行猶予がつけば大したことない』と言われて腹が立った。私にとっては30年の公務員生活で築いた信用が失われる問題だ」と涙ながらに訴え、改めて無罪を主張した。

 弁護側の尋問に対して、村木被告は、偽証明書を作成したとされる上村勉被告(40)との関係を聞かれ、「1対1で話したことはないし、直接指示をしたこともない」と改めて関与を否定した。

 また昨年6月下旬の逮捕後の取り調べ中、あらかじめ作成された供述調書への署名を求められ、拒否したことを明らかにした。村木被告は「私が言ってもいない上村被告や上司の悪口が書かれていた」と証言。しかし検事がその後、「筆が滑った」と誤りを認めて書き直したため、最終的に署名したという。

 村木被告の証言の前には、当時の部下らを取り調べた牧野善憲副検事(42)が出廷。「障害者自立支援法のため野党議員に配慮する必要があった」とする部下の供述調書について、牧野副検事は「当時は法案はなかったかもしれない。私の方から水を向けた」と述べた。

【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める
郵便不正事件:大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下
郵便不正事件:副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める

<家畜>放牧が温室効果ガス抑制? 草原放出量…独研究(毎日新聞)
核サミット「国際協力のため重要な会議」鳩山首相(産経新聞)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-17 06:01

<三好市長選>現職の俵氏が再選 徳島(毎日新聞)

 三好市長(徳島県)俵徹太郎氏(66)が再選。前市議会議長の仁尾健治氏(61)▽土木業の喜志久氏(59)を破る。投票率は84.53%。

 ◇確定得票数は次の通り。

当11966 俵 徹太郎=無現<2>

 10250 仁尾 健治=無新

   179 喜志  久=無新

<宇土市長選>元市職員の元松氏、現職ら破り初当選 熊本(毎日新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」−奈良(時事通信)
足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)
デフレ脱却へ、協調姿勢確認=鳩山首相と白川日銀総裁が会談(時事通信)
鳩山内閣支持率が急落33%…読売世論調査(読売新聞)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-12 12:37

<無料低額宿泊所>無届け施設も規制 議員立法へ骨子案(毎日新聞)

 不明朗な経理や金銭管理トラブルが問題になっている「無料低額宿泊所」を巡り、民主党の議員らが規制強化のための議員立法に向け、「無料低額宿泊事業の適正化に関する特別措置法」の骨子案をまとめた。貧困ビジネスに幅広く法の網をかぶせるため、現行法では自治体のチェックが及ばない無届け施設や類似事業も規制対象とした。4月1日に議員連盟を設立して条文化を進め、今国会中の成立を目指す。【無料低額宿泊所取材班】

 無料低額宿泊所を巡っては、複数の大手事業者が無届け施設を開設している。関西では困窮者をアパートに住まわせ、宿泊所と同じように生活保護費の8割程度を徴収する「囲い屋」の存在が問題化しており、規制を強化しても無届け施設や類似事業が対象外になれば「骨抜き」になるとの指摘が出てきた。

 骨子案によると、生活保護受給者らに住居を提供し、同時に食事を出したりする事業を「抱き合わせ取引事業」と規定。無届けを含めた宿泊所や類似事業を規制対象とする。

 事業者には利用者と書面で契約を結ぶことを義務づけるほか、食事は希望制とし、金銭管理は原則禁止する。事業計画書や収支計算書の公開も義務化して透明性を確保する。

 無届けを含め悪質な事業者は、業務停止命令のような行政処分の対象とし、従わない場合は罰金などの罰則を科す。優良施設に対する国などの支援に関する条文も盛り込む。

 この問題では、厚生労働省が法規制を検討していたが、日程上、今国会中に法案を提出することが困難になったため、中根康浩衆院議員らが厚労省や衆院法制局と協議して骨子案をまとめた。1日に「貧困問題と貧困ビジネスを考える民主党議員の会」(仮称)を設立して立法作業を進める。中根議員は「与野党にも協力を呼び掛け、超党派で提案して全会一致で成立させたい」としている。

■無料低額宿泊事業の適正化に関する特別措置法の骨子案

▽抱き合わせ取引の規制

 ・書面による契約の原則

 ・利用者の希望に応じたサービス提供

 ・金銭管理の原則禁止

▽適正な運営の確保

▽国、自治体の支援

▽悪質事業者に対する罰則を設ける

 【ことば】無料低額宿泊所

 社会福祉法で「第2種社会福祉事業」と位置付けられる生活困窮者向けの宿泊施設。都道府県か政令市・中核市に届け出れば、個人や任意団体でも開設可能。09年6月末時点で全国439施設に1万4089人が入所しており、生活保護受給者が約9割を占める。毎月約12万円の保護費から家賃や食費の名目で9万円程度を徴収する事業者が多い。

【関連ニュース】
【ことば】貧困ビジネス
<大阪市>「貧困ビジネス」施設宿泊者、生活保護支給せず 被害防止へ
<無料低額宿泊所>入所者増に市原市悲鳴、保護費に業者続々
<無料低額宿泊所>FIS脱税 被告に有罪−−地裁判決 /愛知
<無料低額宿泊所>FIS脱税 検察側、元幹部に懲役10月を求刑−−名地裁

「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
<TBS>字幕誤る 巨人の木村拓也コーチのニュースで(毎日新聞)
遮断棒折れ東海道線に遅れ(産経新聞)
執行部の辞任論に言及=参院選敗北で「自民なくなる」−自民・舛添氏(時事通信)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-06 23:59

<チリ津波>地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で(毎日新聞)

 2月末に南米チリの大地震で津波が発生した際、仙台空港(宮城県名取市)に着陸した台北発のエバー航空118便(エアバスA330−200、252席)の乗客が30分近く機体から降りられなかったことが分かった。津波警報を受けて航空機を誘導する地上作業員らが避難していたのが原因。国土交通省仙台空港事務所は、地上作業が停止した場合、速やかに管制官や機長らに伝わるよう情報の共有について検討する方針。

 国交省仙台空港事務所などによると、同便は2月28日午後1時59分に着陸した。だが、機体の誘導やけん引を行う地上作業員は津波警報を受け午後1時半ごろから午後2時25分までの約1時間、近くのターミナルビルに避難していたため、同便は30分間立ち往生した。仙台空港は仙台湾の西約1キロにある。

 エバー航空から機体誘導などの業務を委託されている全日本空輸は「地上作業員の人命確保の観点から避難させた。作業員の避難は空港事務所とエバー航空の地上スタッフに適切に報告した」と説明した。

 一方、国交省仙台空港事務所は「津波の恐れがある場合の対応について、航空会社との情報の共有について検討したい」と話した。

 エバー航空は台北−仙台の往復便(週4便)を運航している。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
おいらせ町長選:津波で投票箱24時間監視、ようやく終了
チリ大地震:「警報ミスで妻死亡」…被災男性が政府を告訴

強制起訴、来月25日以前目指す=JR歴代3社長について指定弁護士−福知山線事故(時事通信)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
障害者自立支援法、違憲訴訟で初の和解(読売新聞)
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」(産経新聞)
[PR]
by lk3io8xnpq | 2010-04-02 01:39